ネズミ駆除 VSクマネズミ

おはようございます!

グリーンウォールの惠藤です。

 

1月19日に初回施工を行った、豊後高田のネズミ駆除の現場。

2月23日に2回目の処理。

各所を点検すると、2階天井裏、1階押入れ、1階天井裏に配置してあった食毒剤すべてに反応があり、8~9割食べられてましたw(゚o゚)w

予想以上の反応に少しビックリ!

でも、まだ食毒剤が残っている状態だったので一安心。

薬剤効果は得られているはず・・・( ̄▽ ̄)

食毒剤は、数日間食べ続けて効果を得るものなので、途中でなくなってしまうと、完全に効果を得ることができず、逆にネズミに抵抗力を与えてしまう恐れがあります。

お客様の仕事の都合もあり、点検日の確約が難しい状況なので、それを踏まえ、その日は初回時より食毒剤の量を増やし配置しました。

 

そして昨日、3回目の処理。

まずは2階天井裏。

ドキドキしながら食毒剤をチェック(¬д¬。)

「エッ!?マジか!?」

食毒剤は全くの手付かずでした。

前回ほどではないにしても、それなりの反応があるだろうと思っていたので、これは予想外でした。

次にチェックした1階押入れも無反応。

最後に確認した1階天井裏は少し反応が見られましたが、喫食量はかなり減っていました。

思っていた以上に薬剤効果が得られているようです。

まだ安心はできませんが、このまま行けば、予定通り3カ月で終息させることができるかも・・・( ̄ー ̄)

3カ月契約なので、来月の点検が一応最後の予定ですが、少しでも喫食があるようであれば、処理は継続です。

P.S.
来月の点検もドキドキです(・・;)

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)