コウモリ調査

こんばんは!

グリーンウォールの惠藤です。

 

昨日、大分市内でコウモリ調査を行ってきました。

建物周りの所々でフンが落ちているとのことだったので、そこから上を見上げると1階の庇が出ていました。

そして、その付け根にコウモリの侵入形跡が確認できました。

さらに、他にも同じような庇が4箇所あり、そのすべてでコウモリの形跡が見られました。

形跡は、どこも庇のケラバ部分の付け根に集中している感じですが、ケラバ部分すべてにしっかりと対策を講じる必要がありそうです。

今のところ、庇正面の瓦の隙間からの侵入はない感じで、お客様も大掛かりな対策は希望されてないので、今回は、庇のケラバ部分のみの部分防除という形での提案になりそうです。

«コウモリの侵入形跡»

«侵入箇所より落下したコウモリのフン»

寒くなるにつれコウモリの活動がなくなってきます。

対策を講じるのであれば、早めがいいですよ!

寒くなるとコウモリが飛ばなくなるので、そうなってからのご依頼に関しましては、施工は来年のシーズンまで持ち越した方が良いかもしれません。

詳しくは、グリーンウォールまでお問い合わせください!

P.S.
最近、釣りに行ってねぇなぁ・・・(-_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)