コウモリ対策

こんにちは!

グリーンウォールの惠藤です。

 

先日、大分市内でコウモリ対策を行ってきました。

現場は、2階建てのアパート。

外壁に換気扇カバーが取り付けてあるのですが、そのカバーの隙間よりコウモリが侵入し、ダクト内に生息していたという状況です。

 

まずはカバーを取り外し、ダクト内のフンの除去と消毒。

そして、カバーの清掃を行い、目の細かいネットを取り付け、元の場所に再設置。

コウモリは、ほんの小さな隙間からでも侵入可能なので、再設置後、気になる部分はコーキングでしっかり補修。

換気扇カバーは全部で8箇所。

コウモリの形跡(フン)があったのは、その内の5箇所でしたが、すべてのカバーに対策を施しました。

 

今回、生息箇所がダクト内だったため、追い出し作業が難しい状況でした。

なので、少しでも追い出しにつながれば・・・と、事前に入居者様にお願いし、換気扇を24時間回してもらっていました。

その甲斐あってか(?)、施工中にダクト内でコウモリを目にすることはありませんでした。

ただ、ダクトはそれなりに長いので、奥にいた場合はわかりませんけどね・・・(^。^;)

もちろん、ダクト内に閉じ込める可能性があることは、オーナー様や入居者様には前もってお伝えし、了承を得ているので大丈夫(^o^)v

 

時期的に、今シーズンのコウモリ対策は今回が最後かなぁ。。。

今後のコウモリのお問い合わせにつきましては、来シーズンの施工になると思います。

«コウモリが侵入していた換気扇カバー»

«ダクト内に溜まったフン»

«カバーにネットの取り付け»

«再設置し施工完了!»

P.S.
今日の夜は、弊社の6周年&息子の誕生日祝いで、家族で食事に行ってきま~す!!

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)