米水津湾カセ、撃沈・・・

こんにちは!

グリーンウォールの惠藤です。

 

2月26日の蒲江での釣行が不発に終わったため、そのリベンジを兼ねて、今度は3月20日に米水津湾のカセに釣友と行ってきました。

この米水津湾のカセ、昨年4月~6月にかけて4回釣行し、すべての釣行で狙いのチヌをゲットしたポイントです。

 

二人してチヌが釣れることを疑うことなく7時前に釣り開始。

3投目に私に30センチ超のアジが釣れ、とりあえずお土産ゲット!

その後すぐ、釣友も竿を曲げたが、上がってきたのはハモ???

気持ち悪いので釣り上げることなくリリースしましたが、1、5メートルはありましたw(゚o゚)w

釣れた魚はいずれも外道ですが、とりあえず魚っけがあるのが嬉しい。

しか~し、それからはパッタリとアタリがなくなり、静かな時間が続く・・・。

なんやかんやと釣法を試すが何ひとつ効果がない。

そもそも魚の気配すらないので、何をやっても無駄な感じ(-_-)ウーム

 

100%の確率でチヌの顔を拝めると思っていた今回の釣行でしたが、結局、チヌの顔はおろか、チヌらしきアタリすらなく納竿( ̄□ ̄;)!!

上がってくるオキアミはチンチンに冷たかったので、もう少し水温の上昇が欲しい感じでした。

 

«曳き船で釣り場へ»

«これってハモなのか???»

P.S.
あ~あ、チヌの顔を見られるのはいつかなぁ。。。

 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)